メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

小児外科

 おとなの病気が内科と外科で扱われるように,こどもの病気も小児の内科(小児科)で診るものと,小児の外科(小児外科)で診るものがあります。こども,とくに新生児や乳幼児は成人と違った生理的特徴があり,手術前後の管理方法や患児との対応も成人の場合とはかなり異なっています。対象となる年齢は,生まれたばかりの赤ちゃんから,乳児,幼児,16才未満(15才以下)の学童までと広い範囲をカバーしています。小児外科で対応いたします一般的疾患は心疾患や頭蓋内疾患を除いた鼠径ヘルニア(脱腸)、腸重積症、急性虫垂炎(盲腸)など日常疾患が多いのですが、外傷や異物誤飲、稀な先天性疾患に対する手術や障害を持つお子様のQOL(生活の質)向上を目指した気管切開や胃瘻造設術なども行っております。手術件数では先天的な疾患や救急疾患が半数以上を占めます。最近小児領域でも注目されてる内視鏡手術は、傷が小さく術後の回復が早いため安全性と有効性が確認されれば、当科でも鼠径ヘルニアや虫垂炎をはじめとして積極的に取り入れており、現在では手術全体の4割に達するまでになりました。また乳幼児期に複雑な手術をした場合の経過観察や慢性疾患など小児外科特有の疾患におきましては、小児から引き続いて大人になってもお世話させていただく場合もあります。私たちはこれからも持続可能な小児外科医療を目指していきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

「持続可能な小児外科医療を目指して」筑波嶺 第62号(H27.9.15)より

detail第52回日本小児外科学会関東甲信越地方会(H29.10.14)

ページトップへ