メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

脳神経外科

特徴:

 当科は、これまでも、救急科や神経内科など他科との協力の下、土浦、石岡のみならず鹿行地域を視野に入れた地域基幹病院として脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷・重症多発外傷の高度救急医療を行ってきました。これに加え、このたびの移転による新病院開設に伴い、ますます充実した、広域にわたる人に易しい総合医療が展開できるようになりました。また、県内では唯一のてんかんセンターで、地域の病院・診療所との連携による治療の効率化をめざしています。

 当院のさらなる特徴としては、総合病院、がん診療連携拠点病院、救命救急センター、総合母子医療センター、小児救急医療拠点病院、第三次てんかんセンターの一部門として、他科との緊密な連携のもと、転移性脳腫瘍や多発外傷、周産期疾患や新生児・小児疾患も積極的に対応していることが挙げられます。特に、当院の産婦人科、新生児・ 小児科は県内でもトップのレベルにあり、若年女性や小児の様々な疾患に対して昼夜を問わず迅速に対応が可能です。また、脳神経外科病棟は神経内科、整形外科と同一フロアーとなっており、他に類を見ない緊密な脳卒中診療、外傷、脊椎脊髄疾患などのチーム医療が可能です。

 普段の診療に於いては、脳血管障害(脳動脈瘤、脳動静脈奇形、慢性虚血のバイパス術など)、脳腫瘍(広範囲頭蓋底外科を含む)、脊椎脊髄腫瘍(整形外科との 協力)、機能外科(三叉神経痛・片側顔面けいれん・てんかんなど)、小児脳神経外科疾患(先天奇形、水頭症など)と多岐に亘る脳神経外科疾患に対して専門的診療を行っています。また、超高度な手術や稀で重篤な疾患に際しては、必要に応じてその道のエキスパートを招聘して、一緒に診療・手術に当たっています。

診療設備・機器:

 脳神経外科の手術室にはMRIが設置され、術中ナビゲーションシステムとともにより安全で正確な治療ができるようになりました。また、脳神経外科の隣は、防護された扉を隔てて、CTと血管撮影装置の両方を設置したスーパーハイブリッド手術室があります。必要時には、外部に出ることなく手術台ごと隣の部屋に移動して血管撮影や血管内治療ができます。

脳神経モニタリング(SEP、MEP、NIM Responseなど)、蛍光血管撮影、術中迅速病理診断、神経内視鏡、脳血管内治療 (カテーテル治療)、定位放射線治療などを積極的に導入しています。放射線科にはIMRT(強度変調放射線治療)も導入されました。

病院には一般 ICU、救急 ICU、循環器系 ICU(CCU)、脳卒中のためのSCU、新生児ICU(NICU)、小児ICU(PICU)と多岐にわたる集中治療室が設置されています。また、神経センター(脳神経外科、神経内科病棟)には重症個室も完備されています。

教育・研究:

教育研修病院としては、大学病院との診療・研究協力や学会活動、院内カンファランスなどを継続して行い、スタッフ各々の精進も重ねています。臨床治験を含めた全国規模の研究に対しても積極的に参加しており、脳腫瘍の研究では独立行政法人国立がん研究センターの「悪性脳腫瘍の新たなバイオマーカー及び分子標的の探索とそれらの臨床応用に向けた多施設共同研究による遺伝子解析」、東京医科歯科大学脳神経機能外科の悪性神経膠腫の研究などに参加しています。

てんかんセンター:

 初めにも記載いたしましたが、当院は県内唯一のてんかんセンターです。終夜ビデオ脳波、てんかん外科(深部電極留置術、軟膜下皮質多切術(MST)、焦点切除、脳梁離断、迷走神経刺激装置植え込み術。いずれも手術実績あり)などに積極的に取り組んでいます。特に、小児科には小児神経の専門医が4人在籍しております。てんかんでお困りの方は安心してご来院ください。

神経センター:

 先ほども記載しましたが、脳神経外科病棟は神経内科と境無く繋がり、神経センター病棟として機能しています。脳卒中、脳腫瘍、変性疾患など多岐に亘る神経疾患を神経内科と共に、毎週の定期的なカンファレンスに加えて、共同で脳卒中当直をしている関係から、日々、密に連携をとりながら診療に当たっています。これにより、互いの疾患の治療が、迅速に、かつより高度にできる体制を敷いています。

8階病棟(脳外科、神経内科、整形外科、麻酔科)平面図はこちら

ページトップへ