メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

救急集中治療科

 救急集中治療科は、日夜問わず発生する重症症例の診療を担当しています。

 当院に救急搬送される患者さんの中でも重症症例の診療を主に担当し、救急初療室から集中治療室・手術室などを中心に、救命救急医療や集中治療で重要な役割を担っています。救急集中治療科に専従する医師は麻酔科医としての知識を十分に備えており、手術麻酔管理に必要な技術や幅広い知識を応用することで、重症症例に対する心肺蘇生や呼吸・循環管理を行います。診断・治療を行い、必要に応じて各科専門医を招集して高度な治療を実施します。

 重症症例は集中治療室に入室し、救急集中治療科の専従医師が継続して呼吸・循環管理などの全身管理を行います。全身状態が改善した後は一般病棟に移動して頂き、各科での専門的な診療を継続します。

ページトップへ