メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

産科

 当院産科は茨城県南部の総合周産期センターとして、近隣病院、医院よりハイリスク妊娠を数多く受け入れています。 NICU(新生児集中治療室)を完備しており、極小・超低出生体重児の医療にも対応できます。切迫早産、妊娠高血圧などの産科的ハイリスクだけでなく、他科との密な連携により、様々な合併症を有する妊婦さんの受け入れが可能となっています。また、麻酔科スタッフも充実しているため超緊急帝王切開手術が可能です。
 基本的に出産は、自然分娩を目標に、医学的適応以外の誘発分娩は行わない方針としており、安全に配慮しながら妊婦さんの満足のいくお産となるよう、病棟・外来勤務の助産師がアドバイス、介助を行っています。

周産期母子医療センターへ

当院での分娩をお考えの方へ

 現在、近隣の分娩施設の減少により、当院に分娩が集中しております。当院は、総合周産期母子医療センターとして、多くのハイリスク妊娠・分娩に対応するため、また、安心・安全な分娩のため、リスクの高くない妊娠・分娩は受入数の制限を検討しております。また、これに伴い、分娩予約制を導入致しました。これは、おおよその分娩数を把握する上で、とても重要になります。皆様のご理解、ご協力をお願い致します。

 なお、地域医療連携室を介しての診療予約は、3月末を目安にハイリスク妊娠・分娩の方のみに限定させて頂きます。大変申し訳ありませんが、リスクの高くない妊婦さんについては、受付時間内に、直接、来院いただき、産婦人科外来を受診して頂きますようお願い致します。また、予定日の月の受入れ可能数を超えてしまっていると判断される場合、受診をお断りする場合があります。ご了承ください。

 ハイリスク妊娠・分娩についての詳細は、産婦人科外来、または、地域医療連携室までお問い合わせ下さい。

平成31年3月5日

当院産科を受診される方、当院での分娩をお考えの方へ~受診される前にご一読ください~

1.分娩予約ついて
2.ハイリスク妊娠について
3.妊婦健診について
4.帰省分娩について
5.分娩について
6.面会について
7.費用について

 1.分娩予約について

当院では総合母子周産期医療センターとして多くのハイリスク妊娠・分娩に対応するため、また、安心、安全な分娩のため、分娩予約制を導入しております。産婦人科外来では、産科リスク票を患者さんに記入頂き、確認後、当院での分娩を希望される場合は、分娩予約票をお渡ししています。大切に保管して下さい。分娩予約を取消すときは、産婦人科外来に必ずご連絡ください。

  • ①母子手帳をお持ちの方

他の医療機関で正常妊娠と診断された方で、既に母子手帳をお持ちの方は、②番_総合受付で産婦人科の受付を行った際に、産科リスク表(別紙)をお渡し致しますので、ご記入の上産婦人科外来窓口にお持ち下さい。

  • ②母子手帳をお持ちでない方

当院が全く初めての受診となる患者さんなどは、②番_総合受付で産婦人科の受付を行った後、そのまま産婦人科外来へお越しください。診察の結果、分娩予定日が確定しましたら、妊婦健診、分娩に関する冊子(赤ちゃんバンザイ)と産科リスク表をお渡しします。リスク表をご記入の上、産婦人科外来窓口にお持ち下さい。

2.ハイリスク妊娠について

当院では、以下のような妊娠をハイリスク妊娠としています。これ以外にもハイリスク妊娠と考えられるものはあるため、詳細については産婦人科外来・地域医療連携室までお問い合わせ下さい。

ハイリスク妊娠について
・若年妊娠(18歳未満) ・高年妊娠(40歳以上) ・多胎妊娠
・高血圧、糖尿病、甲状腺疾患、脳血管疾患、腎疾患、血液疾患などの合併妊娠
・前回の妊娠・分娩経過で重篤な異常があった場合(妊娠高血圧、早産、死産、胎児の先天異常、大量出血など)
・過去に子宮の手術歴がある妊娠
・子宮筋腫や子宮奇形のある妊娠
・その他、医師がハイリスクと認める妊娠

※当院は精神科がありませんので、精神疾患を合併している方はお受けできません。

※社会的、経済的に不安のある方、何らかの事情で受診が遅くなってしまった方(最後の月経から5ヶ月以上過ぎている方)は、まず、お住まいの市町村にご相談ください。

近隣の医療機関でハイリスク妊娠と診断された方は、地域医療連携室にて診療予約を取得することが可能です。待ち時間の短縮やスムーズな診療にも繋がるため、なるべく診療予約をお取り下さい。予約状況によっては、ご希望の日時に予約が取れない場合があります。その際は、受付時間内に受診をお願いしておりますので、ご了承下さい。また、医師の希望、女医指定などは基本的にお受けしていません。ご理解、ご協力をお願い致します。

3.妊婦健診について

当院での妊婦健診は、基本的に当院で分娩をされる方のみとさせていただきます。里帰りを予定されている方や、特に経過に異常のない方は近隣の医療機関での妊婦健診をお願いしております。地域の医療機関の先生方とは常に綿密な連携をとっており、異常が出現した場合は速やかに当院にご紹介いただく仕組みとなっております。

経腟分娩であれば34週頃を目安に、帝王切開などが考えられる場合は32週頃を目安に、妊婦健診を受けていた医療機関からの紹介状をお持ちになり、受診をしてください。ハイリスク妊娠の方でも状態によっては近隣の医療機関で妊婦健診を続けることができます。担当医師にご相談ください。

近隣の医療機関で妊婦健診を受けている患者さんでも、夜間や休日の緊急対応は当院で行っております。異常を感じた場合は、必ずお電話をしてからお越し下さい。分娩、緊急手術対応などのため、お待たせする場合がありますので、ご了承下さい。

妊婦健診は平日のみの予約制となっております。土日祝日等、病院休診日には行っておりませんのでご注意下さい。また、当院はハイリスク妊娠の患者さんが多く、1人あたりの診察時間がかかること、緊急受診対応が多いことにより、待ち時間が非常に長くなってしまっております。時間に余裕を持ってお越し下さい。

診察室はスペースが限られております。あまり大人数でお越しいただいても入ることができません。また、感染予防のため、体調の悪い方の御入室はご遠慮下さい。お子様をお連れいただいても結構ですが、お子様の安全には十分ご注意ください。スムーズな診察と安全のため、ご協力をお願いいたします。

※出生前診断検査について

当院では、医学的に必要と考えられる場合、羊水検査を行っております。母体血胎児染色体検査(NIPT)やクアトロテストは行っておりませんのでご了承下さい。また、当院ではこれらの検査を実施している医療機関照会は行っておりません。患者さん自身で医療機関を探していただくようお願い致します。

※超音波検査について

当院では3D、4D超音波のご希望はお受けできませんのでご了承下さい。

随時超音波による胎児スクリーニングを施行し異常があればご説明する方針としております。万が一異常があっても知らせてほしくない方は医師にお申し出下さい。

4.帰省分娩(里帰り分娩)について

リスクの高くない帰省分娩(里帰り分娩)については、月ごとの予定分娩数によっては他の医療機関での分娩をお願いする場合があります。地域医療連携室にてハイリスクか否かの確認、および分娩予約の可否が確認できますので、お問い合わせ下さい。ハイリスク妊娠と診断された方については、地域医療連携室にて診療予約を取得することが可能です。待ち時間の短縮や、スムーズな診察にも繋がるため、なるべく診療予約をお取り下さい。

5.分娩について

当院の分娩管理は医学的判断に基づき行っています。なるべく自然な経過での分娩を目指していますが、必要があれば分娩誘発・促進、会陰切開、吸引分娩、帝王切開、輸血等の医療処置を行います。

また、当院では無痛分娩は行っておりません。また、患者さんの希望による誘発分娩、帝王切開も行っておりませんので、ご了承下さい。

6.面会について

当院では感染管理の観点から、中学生以下の方は産科病棟(5B病棟)に入ることができません。また、体調のすぐれない方は面会をご遠慮いただく場合がありますので、ご理解、ご協力をお願い致します。

7.費用について

〇初期検査費用等について

妊娠初期の検査費用は以下の通りです。なるべく前医の検査結果を使用しますが、不足している検査や、血液型、不規則抗体など病院全体の決まりで再検査が必要なものは追加で検査させていただきます。ご理解とご協力をお願い致します。

当院ですべての初期検査を行った場合

  • 茨城県の健診票使用あり   16010円~
  • 茨城県の健診票使用なし   31960円~

茨城県以外の健診票をご利用になる場合は産婦人科窓口でご確認下さい。

妊婦健診の内容により、妊婦健診票を使用しても別途費用がかかる場合があります。

〇妊婦健診について

  • 初回健診料  6500円~
  • 2回目以降  5000円~

〇分娩費用について

経腟分娩       約60万円~75万円

(処置や治療の内容、入院期間、分娩の時間帯などによって変動があります。)

帝王切開(3割負担) 約35万円~50万円

(予定か緊急か、治療の内容などにより変動があります。)

〇個室料金

1日 4700円   9室

1日 4500円   6室

個室の予約はできません。混雑の程度によってはご希望に添えないことがあります。ご了承下さい。

ご不明な点、ご質問等ございましたら、産婦人科外来までご連絡ください

ページトップへ