メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は文字通り、耳・鼻・のどの疾患に対する診断と治療を行う科です。

代表的な疾患としては中耳炎、副鼻腔炎、咽喉頭炎、扁桃炎などのいわゆる感染症から、花粉症をはじめとするアレルギー疾患、さらにめまい、難聴、顔面神経麻痺などの神経疾患などがあります。当院耳鼻咽喉科・頭頸部外科ではこれらの疾患の内科的治療に加えて、慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎などの中耳手術や、慢性副鼻腔炎・鼻腔腫瘍などに対する内視鏡手術、喉頭がんや咽頭がんといった頭頸部悪性腫瘍などに対する手術治療および放射線化学療法を積極的に行っています。
中耳手術に関しては、東京医科歯科大学教授 堤剛先生と、頭頸部悪性腫瘍については、同じく東京医科歯科頭頸部外科教授 朝蔭孝宏先生とディスカッションの上、治療方針を決めています。

また火曜日と木曜日の午後は老人性難聴などの難聴に対して補聴器外来を開設しており、認定補聴器技能者が担当して個人個人にフィットした補聴器の処方を行っております。

新病院への移転を機に、当科も規模、装備、医療の質ともに日本のトップレベルを目指し、全診療室にそれぞれ最新鋭のNBI機能付きハイビジョン内視鏡カメラ、赤外線スコープ、Zeiss式処置用顕微鏡を標準装備といたしました。また、手術室にもZeiss式手術用顕微鏡、高画質ハイビジョン内視鏡モニター、最新鋭磁場式ナビゲーションシステム、顔面神経刺激モニターをそろえ、安全かつ効果的な手術が行えるようになりました。

ページトップへ