メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

放射線診断科

 医療の発展にはめざましいものがありますが、それには高速で薄いスライス厚で撮影できる多列CTや高濃度分解能で描出可能な高磁場MRIなどを含めた画像診断装置の進歩が大きく関わっています。また、放射線治療の分野においても機器の進歩により治療の高精度化がもたらされています。

 CT、MRI、超音波検査、消化管造影検査、核医学検査で撮影された画像を読影し、それぞれの担当医師にレポートで報告します。また、IVRと呼ばれる血管内治療を行っており、血管造影の手技を利用した肝臓がんに対する「経動脈的化学塞栓療法」や透析シャント血管の狭窄に対する「血管拡張術」なども行っています。新病院では診断用CTは現在の2台から3台(320列:2台、128列:1台)に、MRIも2台から3台(1.5T:1台、3.0T:2台)に増設し、患者様の検査待ち期間の短縮や救急患者様に対する検査需要にも迅速に対応可能となっています。さらに、PET-CTも導入され、検査機器が拡充しました。

ページトップへ